economic signpost

経済・ビジネス・社会についてニュースをもとに殴り書きしていく乱筆乱文御免なブログ

携帯電話業界~ドコモ、KDDI、ソフトバンク~財務分析

ブログネタ
資産運用 に参加中!
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの財務分析です。

◆収益性  

売上高、売上高増加率

売上高を伸ばしているのはソフトバンクです。他社は近年回復しつつありますが、マイナス。ソフトバンクに客足を奪われていると言うことでしょうか。

売上高利益率、営業利益率

売上高利益率、営業利益率ともにドコモは高く、増加傾向にあります。
KDDIは横ばいで苦戦中。ソフトバンクは急成長です。

◆効率性  

総資本回転率

KDDIの総資本回転率はいいですが、低下基調です。

売上原価率、販売費一般管理費比率

ソフトバンクは全般的に高めです。売上原価率は低下基調です。
KDDIは販売費一般管理費比率は低いものの、売上原価率は高いです。

売掛債権・棚卸資産回収期間
売掛債権回収期間はソフトバンクがここ2年ほど低下している一方で、他社は増加基調です。
ソフトバンクの棚卸資産回収期間が圧倒的に短いのが分かります。売上の伸びに対して、少々、追いついていないのかもしれません。

◆安全性   

流動比率

 各社とも100%を超えています。ソフトバンクはやや余裕がないですが、安定的に推移しています。

長期適合率、自己資本比率
KDDIの長期適合率が非常に高いです。
ソフトバンクは自己資本比率が非常に低いですが、徐々に上昇しています。


◆まとめ

ここまでをやや直感的にまとめると以下の表のようになります。 

収益性 効率性 安全性 備考
ドコモ ・棚卸資産回収期間が上昇している。
KDDI × × ・総資本回転率は高いが低下している。
ソフトバンク × ・販売費および一般管理費が高い。
・自己資本比率が圧倒的に低い。


今後の課題はこんな感じでしょうか。  


ドコモ 効率性がそれなりによく、売上の減少をカバーしているため、
利益は少しずつ上昇している。安全性はピカイチで、手堅く成長
している。販売費及び一般管理費を抑えると共に、需要予測の
精度を上げ在庫を抱えないようにしたい。
KDDI 伸びやなんでいる。かといってドコモより効率的と言うわけでもないように
みえる。売上原価率を抑えたい。長期の財務の安全性が不安。
ソフトバンク 収益性がバツグン。販売費及び一般管理費を抑えて磨きをかけたい。
在庫が少なく、売上の増加に追い付いていけていないのだろうか?
 


Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事
twitter
  • ライブドアブログ
economic signpost